※アフィリエイト広告を利用しています。

茄子の酢煮浸し 夏を楽しみたいレシピ

スポンサーリンク

夏の暑さに負けない「茄子の煮浸し」。油のコッテリ感とレモン酢入りの煮汁が、たまらなく食欲をそそる一品です。レモン酢のレモンを揚げて煮るとまた違う味わいを楽しめます。飲み物をレモン酢入りの水割りで頂いたら、暑さ知らずの献立になります。

作り方

材 料 ・ 調 味 料

茄子1~2本
麺つゆ(ストレート)50㎖
レモン酢大さじ2
揚げ油適量
 茄子の酢煮浸し
  • 手順1
    茄子を切る

    茄子のヘタをとり、大きめの乱切りにする。
    油は170度で熱しておく。

  • 手順2
    煮浸し液を作る

    麺つゆとレモン酢を合わせひと煮立ちさせる。

  • 手順3
    煮浸し

    茄子を1分程揚げ、ペーパーで油を拭き取る。
    液に入れサッと煮たら出来上がり(^^)

大根おろしと小ねぎが良く合います。

食べるときに、チューブの生姜があるとアッサリして美味しいですよ。

茄子の酢煮浸し コラム

夏に食べたくなるのがこの茄子の煮浸し。


油を使わずにさらにアッサリと作る方法もありますが
室温33℃で過ごす体力が欲しくて、
油でコッテリとさせてから、レモン酢を加えた液で仕上げました。

レモンを揚げたらどうなるだろうと思い、
レモン酢のレモンも一緒に揚げて軽く煮たら・・
「う~ん、旨い」

チョッと硬めのレモンもペロリ食べられます。
今回は、大根おろしと小ねぎにしましたが、大葉も良さそうですよね。

茹でたほうれん草は、煮浸しの液につけて頂くと美味しかった~。


これから、ますます暑くなるのでレモン酢の水割りも活用して
暑さ対策していきたいです(^^)

タイトルとURLをコピーしました